ゲイマッサージを始めた理由

こんにちは、ハジメです。

今回は私がゲイマッサージを始めた理由についてお話ししたい思います。

今現在、ゲイマッサージを始めて本当に良かったと思っています。

収入を増やしたかった

嘘をついても仕方がないので、これが本音です。

4年間、一般の店舗でリラクゼーションセラピストとして働いていました。

個人事業主なので、固定給ではなく施術した分数が収入となります。

生活するためには1日に大体、6人のお客様を施術しなければなりません。

6人施術するためには最低でも8時間、お客様の入りが悪い時では10時間以上店舗にいなければなりません。

4年間こんな生活を続けたおかげで技術は上達したものの、収入はそれほど変化しませんでした。

30歳になるということもあって大分焦っていました。

ゲイマッサージ店に募集

どうしたら収入を増やせるだろうかと悩んだ結果、ゲイマッサージのお店に応募してみることにしました。

かっこ良くもないし、低身長だし、、、ダメ元で7つのお店に応募しました。

その中の3つは返信なし、3つは面接で落とされ、1つのお店で採用されました。

そのお店で4ヶ月くらい働かせていただきました。

独立したきっかけ

面接の時に、「自分でお店やった方がいいんじゃない?」と言われました。

その時はそれがお情けの言葉に思えてとても惨めな気持ちになったのを覚えています。

ですが、それから日に日に自分でサロンを開きたいと思うようになっていきます。

今までの人生は「やってみたい」という気持ちだけで終わってしまっていたのですが、この時ばかりは「やる」という行動に移りました。

そして今現在、ゲイマッサージで生計を立てています(自分でもビックリです)。

人生は天秤だと思う

人生は「やる」か「やらないか」の天秤だと思っています。

これからもやりたいことに理由をつけてやらないよりは、やって挑戦してみる選択をしていきたいです。

今私は、水泳のスクールに通っています。小中高とカナヅチでずっとコンプレックスでした。

来年の夏、沖縄のリゾートプールでキレイに泳げれるように頑張ります。